藝術学舎 | 京都造形芸術大学がおくる社会人のための公開講座
  • 10/04 (水)
  • 12/13 (水)

開講形態:隔週

講座番号 G1731428

  • 受付終了

水墨画の基本用筆の習得とその応用 現代水墨画講座

  • 東京
  • 美術・工芸
  • [専門]学芸専門演習1~10

関連キーワード

基本開講地・会場 ※
東京外苑キャンパス
開講日
2017/10/04(水)、2017/10/18(水)、2017/11/08(水)、2017/11/29(水)、2017/12/13(水)
基本時間割 ※
14:00~ 16:40
形態
演習
受講料
38,000円 (講座料:35,000円 、諸費用:3,000円)
定員
20名
申込締切日
2017/09/22(金) 13:00

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

「蓮」

講座概要

墨と筆が生み出す水墨画による芸術表現を身につける

水墨画は古来より東洋を代表する芸術として、悠久の時の中で昇華され、今なお現代を生きる私たちを魅了してやみません。本講座では水墨画の基本であり最も重要な筆の扱い方(用筆)と墨の扱い方(用墨)を習得し、自らの意中を紙の上に表現する事を目指します。優雅な墨香の漂いの中で、奥深い水墨芸術への第一歩を踏み出してみましょう。

スケジュール

10/04(水) 14:00〜16:40 東京外苑キャンパス 第1回:水墨画ガイダンス、実践(点と線のバリエーションとその応用)
実践に入る前に道具の準備や使い方の手ほどきをします。次いで筆を用いて様々な点や線の描法を学びながら、それらを植物などのモチーフに応用発展させていきます。
〔担当講師: 伊藤 昌 〕
10/18(水) 14:00〜16:40 東京外苑キャンパス 第2回:水墨画ガイダンス、実践(点、線、面を使った花鳥表現)
前回習得した筆法を踏まえるとともに、筆による面表現を加えることでより高度な花鳥画作品を描けるようにします。
〔担当講師: 伊藤 昌 〕
11/08(水) 14:00〜16:40 東京外苑キャンパス 第3回:水墨画ガイダンス、実践(用筆のバリエーション)
逆筆、擦筆、破筆などの多様な筆の使い方を学ぶとともに、それらを応用発展して花鳥、山水、風景画などを描いて行きます。
〔担当講師: 伊藤 昌 〕
11/29(水) 14:00〜16:40 東京外苑キャンパス 第4回:水墨画ガイダンス、実践(用墨のバリエーション)
これまで習得した筆法を確認するとともに、三墨法、溌墨法、破墨法、筋目書きなど墨の特徴や変化に焦点をあてて水墨作品を描いて行きます。
〔担当講師: 伊藤 昌 〕
12/13(水) 14:00〜16:40 東京外苑キャンパス 第5回:水墨画実践(自由題)
これまで習得した筆法を復習するとともに、最終回は各自で画題を設定し、これまでの筆法を活かしながら作品を仕上げます。最後に合評会を行います。
〔担当講師: 伊藤 昌 〕
持参物
※受講者は受講票と併せて「関連資料1 持参物のご案内」をご確認ください。
備考
○諸費用は実習費(紙代等)となります。

担当教員

伊藤 昌 (水墨画家)

1967年宮城県生まれ。1994、95年に全国水墨画秀作展大賞をはじめ、東京都知事賞、外務大臣賞、京都市長賞など受賞多数。
現在、S会主宰、全日本水墨作家連同人、総合水墨画展委嘱審査員。近著、『花鳥画レッスン』、『墨技の発見・光を描く』、『墨技の発見・水を描く』(日貿出版社)

受講生の声

手描きパース基礎の基礎(東京)

これまで風景のデッサンなどでは家が傾いたりしていたが、パースで考えるとちゃんと描ける!わからなかったものが描けてくる。何歳なっても学ぶことは楽しい。知らないことを知ることはうれしい。

2016年度 [春季]/ S.T.さん
(70代/女性/東京都)

無敵のアクリル画「自画像を描く」

アクリル画は絵の具の乾きが早く筆の後始末も簡単にできると聞き申し込みました。先生には一対一でご指導いただき、どういう絵にしたいのかと問われ、わからない事がわからなかった私に示唆を与えてくださりました。

2015年度 [冬季]/ T.H.さん
(70代/女性/東京都)

藍染めと腰機(こしばた)でつくる涼の織物

通常、織物は大型の機が必要で敷居が高いのですが、本講座の腰機の織物は簡単なキットで織りができ、先生も丁寧に教えてくださるので、スキルのあるなしに関わらず、染織の世界に触れられてとても楽しめました。

2016年度 [夏季]/ I.T.さん
(40代/男性/東京都)
【科目の概要】
科目名
担当者
履修形態 開講期
授業概要
TOP

基本開講地・会場 ※
開講日
基本時間割 ※
形態

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

講座概要

備考

スケジュール