藝術学舎 | 京都造形芸術大学がおくる社会人のための公開講座
  • 04/10 (火)
  • 06/12 (火)

開講形態:隔週

講座番号 G1811318

  • 受付終了

芸術の永遠のテーマ『ヌード』を通して美術史を知る 人はなぜヌードを描くのか、見たいのか。

  • 東京
  • 美術・工芸
  • [専門]学芸専門講義1~10

関連キーワード

基本開講地・会場 ※
東京外苑キャンパス
開講日
2018/04/10(火)、2018/05/08(火)、2018/05/15(火)、2018/05/29(火)、2018/06/12(火)
基本時間割 ※
19:00~21:00
形態
講義
受講料
20,000円 (講座料:20,000円 、諸費用:0円)
定員
60名
申込締切日
2018/03/31(土) 13:00

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

オーギュスト・ロダン《接吻》(部分) Tate: Purchased with assistance from theArt Fund and public contributions 1953,image © Tate, London 2017

講座概要

ヌードを通した芸術作品の見方を見につける

ヌード。なによりも身近で、深遠で、儚くて、永遠のもの。時代や地域ごとに取り扱いや表現に差異はあるものの、芸術家にとっては正面から挑むべき大きなテーマです。それは美を捉えたいという欲望、愛の形象化の結果だからでしょうか。ヌードの歴史はまた、批判や論争や取締がつきまといます。今回、英国テート美術館の名品来日を機会にして、ヌードを切り口に 西洋美術史を概観すること、さらに活躍中の芸術家の方々に話を聞こうという講座です。

スケジュール

04/10(火) 19:00〜21:00 東京外苑キャンパス 第1回:篠山紀信とNUDE
篠山紀信NUDE 最新作『処女(イノセンス)の館』を中心に すべてのNUDE 作品について語り、すべての質問に対して答えます。
( 篠山紀信×鈴木芳雄)
〔担当講師: 鈴木 芳雄 、 篠山 紀信 〕
05/08(火) 19:00〜21:00 東京外苑キャンパス 第2回:ザ・ヌード~理想的身体イメージの追求~
古代ギリシャ以来、西洋美術の重要な主題のひとつを形成してきた〈理想的な身体〉イメージ。紀元前7世紀に遡る歴史をひもとき、近代から現代に至る流れまでを概観します。
( 藤原えりみ×鈴木芳雄)
〔担当講師: 鈴木 芳雄 、 藤原 えりみ 〕
05/15(火) 19:00〜21:00 東京外苑キャンパス  第3回:ヌードあれこれ話
ヌード、あるいは女性像を画題にした自作を中心に話します。たぶん芸術と対立概念になりがちなポルノの話や、第二次性徴期の話、フェミニズムの話なども避けては通れないでしょうね。
(会田誠×鈴木芳雄)
〔担当講師: 鈴木 芳雄 、 会田 誠 〕
05/29(火) 19:00〜21:00 東京外苑キャンパス 第4回:「ヌード」展を通して裸体表現の変遷をみる
横浜美術館で開催される企画展「ヌード 英国テート・コレクションより」について、コンセプトや出品作品について解説します。
(沼田英子×鈴木芳雄)
〔担当講師: 鈴木 芳雄 、 沼田 英子 〕
06/12(火) 19:00〜21:00 東京外苑キャンパス 第5回:日本・近代・恋愛の起源
日本人にとって近代は大きな転換点だった。そのとき我々が切り捨てたものは何か。ヌード表現とセクシュアリティの関係を歴史を振り返りながら再考します。あと、自作についても少し。
( 鷹野隆大×鈴木芳雄)
〔担当講師: 鈴木 芳雄 、 鷹野 隆大 〕
持参物
筆記用具、手元ライト(プロジェクター投影時に、教室が暗くなる場合があります。必要な方のみお持ちください。)
備考

担当教員

鈴木 芳雄 (フリーランス編集者、明治学院大学非常勤講師)

慶應義塾大学卒業。2010年3月までブルータス副編集長を10年間務める。主な仕事に「奈良美智、村上隆は世界言語だ。」「杉本博司を知っていますか?」「若冲を見たか?」「緊急特集 井上雄彦」「仏像」など。現在はフリー編集者として雑誌、電子書籍、ウェブ、テレビ番組の編集・制作を中心に活動中。2007年からブログ「フクヘン。」で美術展情報や仕事のエピソードなどを発信している。

藤原 えりみ (美術ジャーナリスト)

東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了(専攻/美学)。女子美術大学・國學院大学非常勤講師。著書『西洋絵画のひみつ』(朝日出版社)。共著に『西洋美術館』『週刊美術館』(小学館)、『現代アート事典』『ヌードの美術史』(美術出版社)。訳書に、C・グルー『都市空間の芸術』(鹿島出版会)、M・ケンプ『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(大月書店)、C・フリーランド『でも、これがアートなの?』(ブリュッケ)など。

鷹野 隆大 (写真家)

1963年福井市生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。2006年に『IN MY ROOM』(蒼穹舎)で第31回木村伊兵衛写真賞受賞。性の在り方を問い直す作品のほか、日本の都市空間を日々記録し続けている。個展 2000年 「ヨコたわるラフ」ツァイト・フォト・サロン、2006年「男の乗り方」など。海外でも展覧会多数。パブリック・コレクションとし て、東京都写真美術館と国際交流基金に作品が収蔵されている。

篠山 紀信 (写真家)

1940年東京都生まれ。写真家。日本大学芸術学部写真学科在学中より頭角を現し、広告制作会社「ライトパブリシティ」で活躍。1961年に日本広告写真家協会展公募部門APA 賞を受賞、1968年からフリーに。三島由紀夫、山口百恵、宮沢りえ、ジョン・レノンとオノヨーコなど、その時代を代表する人物を捉え、流行語にもなった「激写」、複数のカメラを結合し一斉にシャッターを切る「シノラマ」など新しい表現方法と新技術で、時代を切り撮り続けている。2002年より、デジタルカメラで撮影した静止画と映像を組み合わせる「digi+KISHIN」を展開。ウェブサイト「shinoyama.net」でも、映像作品、静止画、DVD 作品など多数発表している。2012年、熊本市現代美術館を皮切りに始まった「篠山紀信展写真力THEPEOPLE by KISHIN」は全国を巡回中、90万人以上を動員している。2016年には、東京・原美術館で「篠山紀信展快楽の館」を開催した。

会田 誠 (美術家)

1965年新潟県生まれ。1991年東京藝術大学大学院美術館研究科修了。絵画、写真、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画など表現領域は国内外多岐に渡る。近年の主な個展に「天才でごめんなさい」(森美術館、東京、2012-13年)、「考えない人」(ブルターニュ公爵城、ナント、フランス、14年)、「世界遺産への道!!~会いにいけるアーティストAMK48歳」(霧島アートの森、鹿児島、14年)など。

沼田 英子 (横浜美術館主席学芸員)

1990年より横浜美術館に勤務。担当した主な展覧会に、「世界を編む」(1999)、「ドガ展」(2010)、「蔡國強展」(2015)、「メアリー・カサット展」(2016)、「ファッションとアート 麗しき東西交流」(2017)。主な著書に『小島烏水西洋版画コレクション』(有隣堂、2003)、『かわいいジャポニスム』(東京美術、2017)。

受講生の声

無敵のアクリル画「自画像を描く」

アクリル画は絵の具の乾きが早く筆の後始末も簡単にできると聞き申し込みました。先生には一対一でご指導いただき、どういう絵にしたいのかと問われ、わからない事がわからなかった私に示唆を与えてくださりました。

2015年度 [冬季]/ T.H.さん
(70代/女性/東京都)

藍染めと腰機(こしばた)でつくる涼の織物

通常、織物は大型の機が必要で敷居が高いのですが、本講座の腰機の織物は簡単なキットで織りができ、先生も丁寧に教えてくださるので、スキルのあるなしに関わらず、染織の世界に触れられてとても楽しめました。

2016年度 [夏季]/ I.T.さん
(40代/男性/東京都)

手描きパース基礎の基礎(東京)

これまで風景のデッサンなどでは家が傾いたりしていたが、パースで考えるとちゃんと描ける!わからなかったものが描けてくる。何歳なっても学ぶことは楽しい。知らないことを知ることはうれしい。

2016年度 [春季]/ S.T.さん
(70代/女性/東京都)
【科目の概要】
科目名
担当者
履修形態 開講期
授業概要
TOP

基本開講地・会場 ※
開講日
基本時間割 ※
形態

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

講座概要

備考

スケジュール