藝術学舎 | 京都造形芸術大学がおくる社会人のための公開講座
  • 08/31 (土)
  • 09/01 (日)

開講形態:集中

講座番号 G1923304

  • 受付終了

-自作を語る- 写真をめぐる作家たち

  • 京都
  • 映像・写真
  • [専門]学芸専門講義1~10

関連キーワード

基本開講地・会場 ※
京都瓜生山キャンパス
開講日
2019/08/31(土)、2019/09/01(日)
基本時間割 ※
8/31(土)13:20~ 17:40、9/1(日)9:30~ 17:00   (※)試験17:00~ 17:40
形態
講義
受講料
15,000円 (講座料:15,000円 、諸費用:0円)
定員
50名
申込締切日
2019/08/21(水) 13:00

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

講座概要

多様な写真作品表現の背後にある、制作意図や姿勢について学ぶ

1839年の写真の発明以前から、作家たちは様々な表現や技術の開発に携わってきました。写真発明後170年余りを経た現在、デジタル技術の普及とともにさらなる多様な表現が展開されています。写真というメディアを使って作品を制作する作家たちをお招きし、ご自分の作品とその思想について語っていただきます。

スケジュール

08/31(土) 13:20〜17:40 京都瓜生山キャンパス 様々な視点から写真作品を作る3人の講師のレクチャーとなります。冒頭は多様な作品展開を続ける勝又公仁彦、続いてポートレイト写真に新境地を拓く堀井ヒロツグ、社会的な活動と共に作品制作する中山博喜の各氏にお話していただきます。
13:20-14:40 勝又公仁彦の作品について1
14:50-16:10 堀井ヒロツグ氏の作品について
16:20-17:40 中山博喜氏の作品について
〔担当講師: 勝又 公仁彦 、 中山 博喜 、 堀井 ヒロツグ 〕
09/01(日) 09:30〜17:40 京都瓜生山キャンパス 午前中は前日に引き続き多様な作品展開を続ける勝又公仁彦、午後は都市と人間について考察する大河原光、「私」のアイデンティティをテーマに表現活動をしている木村真由美の各氏にお話していただきます。
09:30-10:50 勝又公仁彦の作品について2
11:00-12:20 勝又公仁彦の作品について3
13:20-14:40 大河原光氏の作品について
14:50-16:10 木村真由美氏の作品について
16:20-17:00 質疑応答とディスカッション
17:00-17:40 試験(成績評価を希望する方のみ)
〔担当講師: 勝又 公仁彦 、 木村 真由美 、 大河原 光 〕
持参物
筆記用具、ノート
備考
○参考文献:『Right Angle -white next to white-』(勝又公仁彦/Media Passage/2,700円[本体])、『Compilation of photo series of Kunihiko Katsumata until 201X』(勝又公仁彦/Media Passage/2,300円[本体])※購入および講座への持参は必須ではありません。
(※)2日目の試験は成績評価を希望する方のみ受験必須です。
○本講座は講座内に実施する筆記試験により成績評価を行います。成績評価を希望する方は2日目の17:00-17:40に実施される試験の受験が必須となります(2019年度夏季講座案内パンフレットp.1「講義講座(集中)の成績評価方法」を参照ください。)

担当教員

勝又 公仁彦 (美術家、写真家)

早稲田大学法学部卒業。多様な被写体のもとで「時間」「光」「場所」などをサブテーマに、常に写真の構造に触れる作品展開を続けている。主な受賞に日本写真協会新人賞など。主な展覧会に「写真の現在2 ―サイト― 場所と光景」(東京国立近代美術館、2002年)「都市の無意識」(東京国立近代美術館、2013年)「あいちトリエンナーレ2016」(「トランスディメンション ―イメージの未来形」2016)「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」(21_21デザインサイト、2018年)など。ライカ本社ギャラリーでの個展やアートバーゼルをはじめとするアートフェアなど、海外での出品機会も多数。

中山 博喜 (京都造形芸術大学准教授)

大学を卒業後、国際NGO団体の海外ワーカーとしてパキスタン、アフガニスタンで活動。5年間におよぶ現地生活の中で、かの地での日常を写真におさめる。帰国後、京都造形芸術大学写真暗室技官を経て、現職。

木村 真由美 (アーティスト)

京都市出身。制作分野は写真とビデオアート。パーソンズ・スクール・オブ・デザインで写真、ニューヨーク大学大学院で美術を学ぶ。 2002年 Artists Space(ニューヨーク)にて初個展以来、作品展示、上映、出版、アーティスト・イン・レジデンスプログラムへの参加などの活動を(主に海外で)続けている。

堀井 ヒロツグ (京都造形芸術大学非常勤講師)

静岡県生まれ。早稲田大学芸術学校空間映像科卒業。他者性を持つ身体をテーマに、そこに宿る記憶に視覚的な経験としてどのように交差することができるか、写真表現を通じてその接続の作法について考えている。国際写真フェスティバル等で受賞多数。

大河原 光 (写真家、京都造形芸術大学非常勤講師)

宮城県生まれ。2013年京都造形芸術大学通信教育部写真コース卒業。2015年京都造形芸術大学大学院修士課程修了。人と環境との関わりを捉えることを大きなテーマとしながら、都市および郊外をフィールドに写真による作品制作を続けている。

受講生の声

写真で「町」を元気にする! ローカルフォト講座

30数年、独学で撮ってきた写真を体系だてて学びたいと思い受講したが、先生や他の受講生の写真を見て刺激を受けました。いずれは京都造形芸術大学通信教育部の写真コースに入学しようと思っています。

2016年度 [夏季]/ H.K.さん
(60代/男性/埼玉県)
【科目の概要】
科目名
担当者
履修形態 開講期
授業概要
TOP

基本開講地・会場 ※
開講日
基本時間割 ※
形態

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

講座概要

備考

スケジュール