藝術学舎 | 京都造形芸術大学がおくる社会人のための公開講座

あなたへのおすすめ講座

  • 06/16 (土)
  • 06/17 (日)

開講形態:集中

受付中

あなたの知らない建築の世界

プレゼンテーションを通して建築の魅力と知識を身につける 私たちは日常の仕事の中で日々プレゼンテーションを行っています。例えば、名刺を差...

  • 07/11 (水)
  • 09/12 (水)

開講形態:隔週

受付中

タイポグラフィ−言葉・文字をデザインする

文字とデザインの基本を学び、オリジナリティある表現力を身につける コンピューターは歴史とセンスを踏まえて自動的に答えを出してくれる魔法...

  • 09/04 (火)
  • 09/05 (水)

開講形態:集中

受付中

身体とファッション

ファッションという社会的現象、また身体と衣服というテーマ(身体論、皮膚論、自己のアイデンティティをめぐる問題も含む)について、分析的に思考す...

クーポン対象講座

最近見た講座

受講生の声

写真で「町」を元気にする! ローカルフォト講座

30数年、独学で撮ってきた写真を体系だてて学びたいと思い受講したが、先生や他の受講生の写真を見て刺激を受けました。いずれは京都造形芸術大学通信教育部の写真コースに入学しようと思っています。

2016年度[夏季]/H.K.さん
(60代/男性/埼玉県)

藍染めと腰機(こしばた)でつくる涼の織物

通常、織物は大型の機が必要で敷居が高いのですが、本講座の腰機の織物は簡単なキットで織りができ、先生も丁寧に教えてくださるので、スキルのあるなしに関わらず、染織の世界に触れられてとても楽しめました。

2016年度[夏季]/I.T.さん
(40代/男性/東京都)

無敵のアクリル画「自画像を描く」

アクリル画は絵の具の乾きが早く筆の後始末も簡単にできると聞き申し込みました。先生には一対一でご指導いただき、どういう絵にしたいのかと問われ、わからない事がわからなかった私に示唆を与えてくださりました。

2015年度[冬季]/T.H.さん
(70代/女性/東京都)

日本の「おもてなし」と「しきたり」を味わう

自営業で、休業する水曜日を有意義に過ごしたいという数年来の思いがやっとかないました。「二十四節季」など日本古来のしきたりや伝統文化を学びながら、茶事を経験したりと、毎回とても楽しみです。

2016年度[春季]/S.T.さん
(60代/男性/東京都)

ニュース

TOP