藝術学舎 | 京都造形芸術大学がおくる社会人のための公開講座

あなたへのおすすめ講座

  • 12/18 (火)
  • 12/19 (水)

開講形態:集中

受付中

作品をことばに−ディスクリプション(作品記述)入門

日本美術(特に近世絵画)を中心に作品記述の基礎を身につける 作品を言葉で表現することは、美術史研究の出発点であり、欠かせない作業です。...

  • 11/24 (土)
  • 11/25 (日)

開講形態:集中

受付中

ハワイ神話とフラ

「文芸と身体表現を通じ、異文化」を学ぶ 日本人には観光地のイメージが強いハワイですが、じつはハワイ王朝にさかのぼる奥深い文化を持つ島々...

  • 12/22 (土)
  • 12/23 (日)

開講形態:集中

受付中

近代芸術批評を読む−雑誌『ドキュマン』紹介

芸術に向き合うためのもうひとつの視点を身につける 1929年から翌年にかけてフランスで刊行された雑誌『ドキュマン』は、考古学や芸術学、...

クーポン対象講座

最近見た講座

受講生の声

和のあかり造形講座

銅線をハンダ付けして、その上に和紙を張ってあんどんを作りました。頭の固い私にくらべ、他の受講生の方の発想力の豊かさにも驚かされることが多く、刺激をたくさんもらうことができます。先生おおきに!

2016年度[春季]/K.K.さん
(60代/女性/大阪府)

おもちゃインストラクター養成講座

仕事柄、子どもや年配の方と接する機会が多く「おもちゃインストラクター認定証」をもらえるということで受講しました。身近なものが考える力が伸びるおもちゃになるとは驚きでした。

2016年度[夏季]/G.Y.さん
(30代/女性/愛知県)

写真で「町」を元気にする! ローカルフォト講座

30数年、独学で撮ってきた写真を体系だてて学びたいと思い受講したが、先生や他の受講生の写真を見て刺激を受けました。いずれは京都造形芸術大学通信教育部の写真コースに入学しようと思っています。

2016年度[夏季]/H.K.さん
(60代/男性/埼玉県)

和紙製品を生み出すための基礎講座

和紙が好きというだけで詳しいことはほとんど知らないまま、何気なく使ってきました。製造、印刷、デザイン、販売など各分野で活躍されている紙の専門家から、和紙の魅力を学ぶことができました。

2016年度[春季]/U.N.さん
(60代/女性/大阪府)

ニュース

TOP