• 03/09(火)
  • 03/10(水)

開講形態:集中

講座番号 G2041220

  • 受付終了

鉛筆デッサン・次への一歩 “ 続・徹底丁寧” 静物鉛筆デッサン

  • 東京
  • 美術・工芸
  • [総合]学芸基礎演習1~10

関連キーワード

基本開講地・会場 ※
東京外苑キャンパス
開講日

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

形態
演習
受講料
定員
15名
申込締切日
2021/02/15(月) 13:00

受講生作品

到達目標と講座概要

「今以上に観察力とデッサンの技術力」を身につける 「もっとデッサン力をつけたい!」 それには、複数のモチーフを時間をかけて描くことが一番です。本講座では、北窓からの安定した自然光で、『静物』を描きます。自然光による美しい陰影を観察しながら、モチーフの材質の違いや、ものとものとの関係を描きます。また、正確に形を描く為の注意や、鉛筆をどのように使用するかといった技法も、徹底して丁寧に指導します。二日間集中して描き、鉛筆を置いた時、そこには、一枚の絵が誕生します。そして、きっと観察力が向上したことを実感できるはずです。※本講座では加筆指導を行います。 

スケジュール

09:30~17:40

09:30~17:40

持参物
鉛筆デッサン用具一式をご準備いただきます。詳細は、受講票送付時の書類でご確認ください。 ※持参物の教材購入を希望される方は、受講票送付時に同封する「教材購入申込書」にてお申し込みいただけます。
備考

担当講師

森 彰男 (美術家)

東京藝術大学大学院美術研究科(油画)修了。エンターテインメントが持つ狂気をテーマに平面作品を制作。 最近はデジタルツールによる制作を模索中。在学時より、河合塾美術研究所油絵科講師として、基礎から専門領域まで幅広い美術表現の指導にあたっている。また、コナミスクールにてゲームデザイナーの画力育成にも10年以上携わっている。

受講生の声

無敵のアクリル画「自画像を描く」

アクリル画は絵の具の乾きが早く筆の後始末も簡単にできると聞き申し込みました。先生には一対一でご指導いただき、どういう絵にしたいのかと問われ、わからない事がわからなかった私に示唆を与えてくださりました。

2015年度[冬季]/T.H.さん
(70代/女性/東京都)

藍染めと腰機(こしばた)でつくる涼の織物

通常、織物は大型の機が必要で敷居が高いのですが、本講座の腰機の織物は簡単なキットで織りができ、先生も丁寧に教えてくださるので、スキルのあるなしに関わらず、染織の世界に触れられてとても楽しめました。

2016年度[夏季]/I.T.さん
(40代/男性/東京都)

手描きパース基礎の基礎(東京)

これまで風景のデッサンなどでは家が傾いたりしていたが、パースで考えるとちゃんと描ける!わからなかったものが描けてくる。何歳なっても学ぶことは楽しい。知らないことを知ることはうれしい。

2016年度[春季]/S.T.さん
(70代/女性/東京都)
【科目の概要】
科目名
担当者
履修形態 () 開講期
授業概要

基本開講地・会場 ※
開講日

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

形態

到達目標と講座概要

備考

スケジュール

TOP