• 02/09(火)
  • 02/11(木)

開講形態:集中

講座番号 G2041436

  • 受付終了

楽しく、心のままに、そして面白く、中原史雄が徹底指導します 中原史雄 絵画教室「自分らしいエスキースを創る」

  • 東京
  • 美術・工芸

関連キーワード

基本開講地・会場 ※
東京外苑キャンパス
開講日

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

形態
演習
受講料
定員
15名
申込締切日
2021/01/30(土) 13:00

講師作品『東風彩景11-17』F200(2011年) 第96回二科展内閣総理大臣賞

到達目標と講座概要

「自分らしい絵画を描くための発想力」を身につける この講座の目標は、公募展やコンクールに入選入賞して美術館で存在感を示せる作品を描きたいと考える、ポジティヴな人たちのエスキース作りや、創作の支援です。「思うように表現できない、、」創作のつきない悩みと向き合いながらも創ることを楽しみ、生涯絵筆をとり、生き生きと描き続けることが大切です。3日間を通して、双方向の批評を指導のベースとして客観性を培いながら、京都芸術大学通信教育部洋画コース、通信制大学院洋画分野を立ち上げ、これまで700名を超える卒業生、修了生を送り出してきた画家であり名物教授であった中原史雄が、一人ひとりの個性と表現の可能性を見据えつつ、自分らしい独自性を持った表現に拡げる具体的なアドバイスを行っていきます。本講座での成果からの展覧会に向けての新たな挑戦も視野に入れ指導していきます。

スケジュール

10:00~17:10

10:00~17:10

10:00~17:10

持参物
水彩絵具一式、筆、パレット、筆洗、のり、はさみ、セロテープ、雑巾など。自分らしい絵を描くためのエスキース作りです。人物や風景のスケッチ、デッサン、ドローイング、参考にしたい写真や絵画などできるだけたくさん持参ください。
備考

担当講師

中原 史雄   (画家、京都芸術大学客員教授)

1963年京都市立美術大学西洋画科卒業。1990年二科展会員賞。1994年現代絵画の断面展。2004年京都市芸術功労賞受賞。2011年二科展内閣総理大臣賞。2012年公募団体ベストセレクション美術2012(東京都美術館)。現在、二科会会員・二科会理事。

受講生の声

無敵のアクリル画「自画像を描く」

アクリル画は絵の具の乾きが早く筆の後始末も簡単にできると聞き申し込みました。先生には一対一でご指導いただき、どういう絵にしたいのかと問われ、わからない事がわからなかった私に示唆を与えてくださりました。

2015年度[冬季]/T.H.さん
(70代/女性/東京都)

藍染めと腰機(こしばた)でつくる涼の織物

通常、織物は大型の機が必要で敷居が高いのですが、本講座の腰機の織物は簡単なキットで織りができ、先生も丁寧に教えてくださるので、スキルのあるなしに関わらず、染織の世界に触れられてとても楽しめました。

2016年度[夏季]/I.T.さん
(40代/男性/東京都)

手描きパース基礎の基礎(東京)

これまで風景のデッサンなどでは家が傾いたりしていたが、パースで考えるとちゃんと描ける!わからなかったものが描けてくる。何歳なっても学ぶことは楽しい。知らないことを知ることはうれしい。

2016年度[春季]/S.T.さん
(70代/女性/東京都)
【科目の概要】
科目名
担当者
履修形態 () 開講期
授業概要

基本開講地・会場 ※
開講日

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

形態

到達目標と講座概要

備考

スケジュール

TOP