• 10/06(水)
  • 12/08(水)

開講形態:隔週

講座番号 G2131307

  • 受付終了

都市における宗教的な場を考える 古都と社寺

  • 遠隔(WEB)
  • 文化伝統・歴史
  • 古都学3

関連キーワード

基本開講地・会場 ※
遠隔(WEB)
開講日

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

形態
講義
受講料
定員
100名
申込締切日
2021/09/26(日) 13:00

鎌倉の高徳院

到達目標と講座概要

古都と宗教的な場について考える 歴史的な都市である「古都」には宗教的な場としての神社・仏閣が数多く存在していました。それらの役割は、為政者との関係や、民衆の信仰、更には観光地など多岐にわたります。本講座ではオムニバス形式で、様々な視点から古都と社寺のあり方を考えたいと思います。 ※本講座は京都芸術大学履修証明プログラム「古都学3」に該当します ◎定員増(80→100名)について(9/15・水、追記) 9/8(水)の申込受付開始より、本講座にはたくさんの申込がありました。当初、定員数を80名としましたが、20名増員することといたしました。

スケジュール

14:00~23:59

14:00~23:59

14:00~23:59

14:00~23:59

14:00~23:59

持参物
備考

担当講師

野村 朋弘 (京都芸術大学准教授)

北海道生まれ。幼少の頃から歴史好き。しかし「歴史では食べていけない 」といわれ工業高校に進学。上京し郵便局員として仕事をしつつ、大学で日本中世史を専攻。大学院進学に合せて公務員を辞め、それからは持って生まれた器用貧乏さで、さまざまな領域に迷い込み現在に至る。

担当講師

石神 裕之 (考古学者、京都芸術大学教授)

1973年神奈川県生まれ。2005年、慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。2006年、博士(史学)。慶應義塾大学准教授を経て現職。考古学を専門とし、学生時代より東京都内の再開発に伴う発掘に数多く従事してきたことから、地域に残る文化遺産を継承していくための方法論に関心を持っている。近著に『47都道府県 遺跡百科』丸善出版、2018年。

担当講師

佐々木 創 (共立女子短期大学非常勤講師)

本学での担当は『京都の歴史』。専門は日本中世史(文化、宗教、古記録学)。共著に『変貌する北野天満宮 中世後期の神仏の世界』平凡社、『北野天満宮 信仰と名宝 天神さんの源流』京都文化博物館など。食文化や異文化交流の講座も持つ。

担当講師

角田 朋彦 (駒澤大学非常勤講師)

1969年生まれ。駒澤大学大学院博士後期課程満期退学。千葉県文書館嘱託(古文書の整理)を経て、各生涯学習講座の講師や、街道歩き(東海道・中山道など)の講師を務める。

受講生の声

日本の「おもてなし」と「しきたり」を味わう

自営業で、休業する水曜日を有意義に過ごしたいという数年来の思いがやっとかないました。「二十四節季」など日本古来のしきたりや伝統文化を学びながら、茶事を経験したりと、毎回とても楽しみです。

2016年度[春季]/S.T.さん
(60代/男性/東京都)

ローマ、美術の旅 [特別編]

書店で見つけた美しい本『フランスの伝統色』を創られた城一夫先生の講義を是非一度受けてみたいと思っていました。また本間紀子先生には国立西洋美術館のカラヴァッジョ展で解説していただきました!

2016年度[春季]/Y.M.さん
(60代/女性/東京都)
【科目の概要】
科目名
担当者
履修形態 () 開講期
授業概要

基本開講地・会場 ※
開講日

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

形態

到達目標と講座概要

備考

スケジュール

TOP