• 09/23(土)
  • 09/24(日)

開講形態:集中/-

講座番号 G2325120

  • 受付終了

ニット初心者歓迎。編成の仕組みと素材の面白さを理解して創造の底力を身につけよう。 ニットの可能性を探る:ベーシックな技法で自由に編む裂き編みマット

  • 遠隔(WEB)
  • 生活・食
  • [総合]学芸基礎講義1~10

関連キーワード

基本開講地・会場 ※
遠隔(WEB)
開講日

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

形態
講義
受講料
定員
50名
申込締切日
2023/09/13(水) 13:00

裂き編みマット制作過程

到達目標と講座概要

かぎ針編みの基礎を理解してオリジナルの裂き編みマットを編むことができる。 ニットの素晴らしさの一つに一本の糸と針さえあれば、いつでもどこでも独創的な造形が作れるという点があります。ではニットとは一体何なのでしょうか。この講座ではまずニットの基礎知識とかぎ針の基本的な編み方(作り目、細編み、中長編み、長編み、目の減目方法各種)を習得。また、珍しい素材で編まれたニットや面白いシチュエーションで使用されたニットを参考画像を用いて紹介、解説します。その後、習得した技術と裂き糸を用いて自由にマットを編みます。ニットの構造や素材の特徴を理解することでデザイン力を身につけ、創造する楽しさを体感しましょう。

スケジュール

13:20~17:40

09:30~17:00

持参物
○かぎ針7-8mm、編み方練習用の極太毛糸(明るい色味)、布きりバサミ、いらなくなったTシャツなどの衣服や使ってみたい布(シーツや残布でも) ※かぎ針、並太毛糸、布きりバサミは100円均一ショップ(DAISO)で購入可能です。 ※かぎ針のサイズを10mmから変更しました(9/11) ■Daisoネットストア [URL]https://jp.daisonet.com/
備考

担当講師

田原 菜美 (ニットデザイナー、京都芸術デザイン専門学校講師)

1984年生まれ。紋章上繪師の祖父のもと衣服を身近な存在として育つ。文化服装学院ニットデザイン科を卒業。渡仏。2012年より京都芸術デザイン専門学校講師を務め現在に至る。ハンドメイドのフルオーダーニットブランドを運営したのち、2019年に『枠を越えるニット』をコンセプトにニットウェアブランドpirkatane(ピリカータネ)を立ち上げコレクションを発表している。その他ワークショップ講師、映画衣装提供、他ジャンルアーティストとのコラボレーション等活躍は多岐に渡る。

受講生の声

和紙製品を生み出すための基礎講座

和紙が好きというだけで詳しいことはほとんど知らないまま、何気なく使ってきました。製造、印刷、デザイン、販売など各分野で活躍されている紙の専門家から、和紙の魅力を学ぶことができました。

2016年度[春季]/U.N.さん
(60代/女性/大阪府)

自分をはみ出せ!俵越山の自分書道

文字の上手い下手ではなく、自分の言葉で、自分の表現をすることがテーマでした。気がつくとたくさんの言葉を紙からはみ出すように書いていました。自分の枠からも少しはみ出せた気がして楽しかったです。

2015年度[冬季]/M.K.さん
(60代/男性/愛知県)

日本酒の“新”基礎知識

ラベルの読み方、細かい製造過程の違いを知り、呑む楽しさ、選ぶ楽しさが増えました。目・耳・鼻・舌で違いを感じ、料理とのマリアージュも愉しめ、回を重ねる毎に知識が深まっていることが実感できます。

2015年度[冬季]/K.K.さん
(30代/女性/神奈川県)
【科目の概要】
科目名
担当者
履修形態 () 開講期
授業概要

基本開講地・会場 ※
開講日

※開講日により開講地・会場、時間割が異なる場合があります。各開講日の開講地・会場、時間割は、下表のスケジュールでご確認ください。

形態

到達目標と講座概要

備考

スケジュール

TOP